独学資格試験合格研究所

子育て中の人間でも低予算かつ独学で資格試験に合格し、自己成長できることを証明するブログ。

2022年社労士試験合格に向けた勉強記録(2022年3月27日~4月2日)

2022年4月に突入しましたが、労働科目(労働者災害補償保険法、雇用保険法)の1回目学習を進めました。

他の試験と違わず、まずは試験(今回は社労士)範囲をしっかり理解することが先決!

 

使用テキスト、問題集

『合格革命 社労士 基本テキスト 労働科目 2022年度 』

f:id:hammasuosan:20220320164226j:plain

2022年3月27日~4月2日の勉強内容(労働者災害補償保険法、雇用保険法)

  • 第11章(特別加入制度)
  • 第12章(費用の負担、時効、通則)
  • 第13章(不服申立て、雑則)
  • 第1章(雇用保険法について)
  • 第2章(適用事業及び被保険者)
  • 第3章(失業等給付等の全体像、通則)
  • 第4章(一般被保険者の求職者給付(基本手当))
  • 第5章(基本手当以外の求職者給付(傷病手当、技能習得手当、寄宿手当))
  • 第6章(高年齢被保険者の求職者給付(高年齢求職者給付金))
  • 第7章(短期雇用特例被保険者求職者給付(特例一時金))
  • 第8章(日雇労働被保険者の求職者給付(日雇労働求職者給付金)
  • 第9章(就職促進給付)
  • 第10章(教育訓練給付)
  • 第11章(雇用継続給付)
  • 第12章(育児休業給付)

今週はさっさと労働者災害補償保険法の学習を追え、雇用保険法に入りました。

新型コロナウイルス関連で話題になった雇用調整助成金など、働く人にとって何かとお世話になることが多い法律です。

働いていても、失業しても、雇用保険法で定められた制度を利用できますからね。

勉強の振り返り

感想

直近に転職したため、雇用保険被保険者離職票が手元にある状態で学習(2月28日に退職し、3月1日に新職場で勤務開始しているため、失業等手当等は未受給)。

また、かつて「専門実践教育訓練給付金」をいただいたこともあり、当時を思い出しながら学習に励みました。

「高年齢求職者給付金」、「高年齢雇用継続基本給付金」、「高年齢再就職給付金」の高齢者関係の給付金、「就業手当」、「再就職手当」といった再就職関連の給付金が非常にややこしいですね…。

2022年4月3日~4月9日の勉強予定(雇用保険法、労働保険の保険料の徴収等に関する法律)

  • 第13章(雇用保険二事業)
  • 第14章(費用の負担)
  • 第15章(不服申立てその他)
  • 第1章(総則)
  • 第2章(保険関係の成立及び消滅)
  • 第3章(保険関係の成立及び消滅)
  • 第4章(労働保険料の種類と定義)
  • 第5章(労働保険料の申告及び納付)
  • 第6章(メリット制)
  • 第7章(印紙保険料)

使用参考書最後の章である、労働保険の保険料の徴収等に関する法律(労働保険徴収法)に突入します。

出題数も択一式で6問あるので、気を抜かず理解に励んでいきます。