はんますお書店

好きなヒト・モノ・コトに囲まれたライフプランの実現を目指すブログ。人の成長から成熟する過程をサポート。

FP1級は独学で一発合格可能!(学科試験編)

2021年5月に実施されたFP1級の学科試験に一発合格しました(獲得点数は200点満点中140点)。

f:id:hammasuosan:20210726130753j:plain

2021年5月実施のFP1級学科試験一発合格

 これからFP1級の学科試験合格を目指す方に向け、情報を共有していきます。

 

FP1級(学科試験)の勉強場所は「通勤電車・バス」と「職場のデスク」

勉強場所は、通勤電車・バスの中と仕事中のデスク。

 

私の家には0歳児がおり、平日夜や土日は子育てでまとまった時間が取れないため、片道1時間半(バス15分+電車60分+その他15分)の通勤時間を特に有効活用しました。

 

FP1級(学科試験)の勉強期間(時間)は「平日毎日2時間×2か月、土日毎日1時間×2か月」

平日の夜や土日祝は子供の世話があるため、勉強時間は下記の通り捻出。

  1. 通勤電車、バス内で片道あたり45分(往復90分(1時間半))。
  2. 職場の昼休みに30分
  3. 90分+30分=120分(平日)

 

土日は子供が寝て妻がお風呂に入っているときや、朝早く起きることで1日60分程度勉強時間を確保しました。

 

どんなに忙しく疲れていても、毎日最低1時間以上の勉強はしていました(1日でも勉強しないと今までの勉強成果が一気に失われるため)。

 

勉強期間はちょうど2か月。短期決戦でないと飽きてしまう私の性格を考慮した結果です。

 

FP1級(学科試験)の勉強に使用した参考書は2冊のみ!

合格に使用したのは下記の2種類のみ

  • 『スッキリわかる FP技能士1級 学科基礎・応用対策 2020-2021年』
  • 『スッキリとける 過去+予想問題 FP技能士1級 学科基礎・応用対策 2020-2021年』

 

私は上記2冊をそれぞれ3周、間違えた問題は4周行い、正解はもちろん、不正解の選択肢まで内容をしっかり理解したうえで、重要ポイントをすべて覚えました。

 

あれこれ手を広げず、この2冊に絞って徹底的に勉強したことが合格につながりました(合格の秘訣)。

 

参考書や問題集を出している会社も、しっかり勉強すれば合格できる内容になっていなければ、モノが売れないですからね…。

 

FP1級学科試験合格への取り組みまとめ

  • 2~3か月の短期決戦で合格可能
  • 机に向かって勉強するまとまった時間が取れなくても、通勤・通学時間や職場の休み時間などを使ったコマ切れ学習で合格可能
  • 書店に行って自分の目で選んだ参考書、問題集を徹底的にやりこむこと(参考書1冊+問題集1冊あれば十分)

 

以上、「FP1級は独学で一発合格可能!(学科試験編)」という内容でした。