はんますお書店

好きなヒト・モノ・コトに囲まれたライフプランの実現を目指すブログ。人の成長から成熟する過程をサポート。

教員(会社員)&個人投資家目線で選ぶビジネス雑誌おすすめ(2021年8月2日~15日)

ビジネス雑誌4つ(日経ビジネス、週刊東洋経済、週刊ダイヤモンド、週刊エコノミスト)の中のベスト1

週刊エコノミスト(2021年8月10日、8月17日合併号)

f:id:hammasuosan:20210805122133j:plain

2021年8月1週、2週に発売されるビジネス雑誌ではんますお的No.1の一冊

特集が「世界経済&マーケット総予測」とあり、2021年下期(7~12月)の国内外の経済がどう動きそうか、概略をつかむことができる内容です(内容が当たるかどうかはわかりません、あくまで予測ですからね)。

 

ビジネス雑誌から、国内外の経済(各企業のビジネスより日本やアメリカ、中国、ヨーロッパといった広い概念からの経済動向)状況を学びたいと思っている私にとって、一番勉強になった雑誌が週刊エコノミストでした。

 

特にP34~P37にかけて書かれた「米国経済」「米国株」の情報は、米国ETFに資金を投入している私は非常に気になる内容。

 

少し著者たちは楽観的かなと思う部分はあるものの、

ダウ平均3万7,000円を目指す

との見出しは、勇気をもらえました(日本時間2021年8月5日の12:00時点のNYダウは34,792.67ドルであり、年末にかけ6%以上の株価上昇の見込みがあるため)。 

 

私個人としては、

  • 教員として学生に国内外の経済状況を伝える材料をゲットする目的
  • 個人投資家として下期どのように投資していこうか考える視点を増やす

双方の目的を達成できる内容であり、購入した価値はあったかなと思えています。

 

ミクロな視点ではなく、マクロな視点で経済(一部政治)状況を把握したい人にはオススメの一冊です!!!

 

こんな人に読んでもらいたい!

  • 20~30代の会社員、教職員、個人投資家(少しでも【経済(ビジネス)】に興味のある人)
  • 平社員~課長として、自分の仕事の足しになる情報がほしいなと思っている人
  • マクロ経済(少しだけ政治)の勉強をしたい人

 

ブログ読者の仕事、投資、家計に役立てばうれしい限りです。

 

※紹介した『週刊エコノミスト』(2021年8月10日、8月17日合併号)の目次は下記からご参照ください。

weekly-economist.mainichi.jp