はんますお書店

好きなヒト・モノ・コトに囲まれたライフプランの実現を目指すブログ。人の成長から成熟する過程をサポート。

2021年FP1級実技試験の受験記録

2021年9月12日に日本FP協会が実施するFP1級実技試験が、池袋にある「立教大学」で実施されました。

自己採点ベースでは、75点前後となっているため、よほどヘマしていない限り合格でしょう。

今後、FP1級実技試験(日本FP協会)を受験される方向けに、2021年の受験感想を共有しておきます。

f:id:hammasuosan:20210915103730j:plain

FP1級実技試験問題用紙

捨て問は全部で3問

日本FP協会が実施するFP1級実技試験は、全部で20問出題されます。

2021年度は、問7(特定居住用財産の譲渡損失の損益通算および繰越控除)、問8(賃貸用建物の相続税評価額)、問12(住宅ローンの繰り上げ返済額)の3問が、最後まで解けませんでした。

過去問学習では取り上げられていない論点であり、難しかったので、ここは落として仕方ないでしょうか。

知識があやふやで不正解が3問

問4の小問ウ(団体長期障害所得補償保険(GLTD))、問14(つみたてNISA)、問16の小問イ(自転車事故時の保険金・給付金の資料読み取り)の3問を落としてしまいました。

特に問14は、普段から「つみたてNISA」で投資をしている人間として、落としたくなかった問題です(2択までは絞れたが…)。

ここも過去問学習ではあまり触れられていませんでしたが、過去問の内容を派生させ広く学習していれば解けたなと思います。

論述問題は「保険業法」

ここ2年の流れを踏まえ、はんますおは論述問題の出題を、「本命【投資助言・代理業関連】、対抗【保険業法】」と予想していました。

本番では、保険業法が出題されました。

内容は過去問学習で十分カバーできる範囲であり、はんますおも論述問題に関して8割前後の点数は取れている手ごたえです。

「精選過去問題集」をマスターすれば合格点は取れる!

私は受験まで『1級FP技能検定 実技試験(資産設計提案業務)精選過去問題集2021年版』しか学習していません。

1冊しっかりやりこんだうえで本番に挑み、合格基準点を超える自己採点結果となりました。

今後も厳選された過去問をしっかり理解し、その周辺知識もネット等で抑える方法が合格への近道になりそうです。

 

以上、「2021年FP1級実技試験を受験!」の記事でした。

現役教師が資産運用実践中!2021年8月の投資実績を公開!

現役教員のはんますおです。

現在経済的自由を目指し資産運用(投資)を実践中。

教職員・公務員でもこれだけの投資実績を残せています。

 

2021年8月の投資評価額(楽天証券)

投資NO 種別 投資対象名 保有数量 時価評価額
1 投資信託(iDeCo) 楽天・全世界株式
インデックス・ファンド
443,301口 690,109円
+212,974円
+23.79%
2 米国株式 バンガード・米国高配当株式ETF
(VYM)
11株 129,722円
+19,934円
+18.15%
3 米国株式 バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI) 3株 77,123円
+1,816円
+2.41%

 

2021年9月2日現在(実質8月)の投資ポートフォリオです。

投資金額が4万円前後(副業の成績次第で上下)ですので、投資信託と米国ETFに絞って投資中です。

 

2021年8月の融資評価額(クラウドバンク)

投資NO 種別 融資会社名 運用ファンド数 時価評価額
1 ソーシャル
レンディング
クラウドバンク 11 168,866円

 

最近話題のソーシャルレンディングですが、私が利用しているクラウドバンクでは1件もトラブルがありません。

こちらは配当金目当てですので、他の投資案件とバランスを取りながら少しずつ融資額を上げ、配当金を増やしていきたいなと考えています。

 

ポートフォリオ:売買状況(2021年8月)

投資NO 種別 投資対象名 購入数量
1 米国株式 バンガード・米国高配当株式ETF
(VYM)
1
2 米国株式 バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI) 1

 

6月はメルカリで不用品を大量に処分したため、その金額でVYMとVTIを1株ずつ購入しました。

9月には配当金も入ることですし、これからもメルカリはじめ副業でお金がゲットできたら米国株式に投資していこうと思います。

f:id:hammasuosan:20210902165800j:plain

教職員・公務員の方はコツコツ資産運用なら誰でも実践可能!

 

2021年9月のFP1級実技試験(日本FP協会)まで3週間!

日本FP協会が実施する「FP1級実技試験」が2021年9月12日に行われます。

日本FP協会が実施する「FP1級実技試験」は年に1度しかないため、ここで失敗するとまた来年に!(受験料も20,000円と高額なため絶対に外せない)。

そこで、今回が「FP1級実技試験」初受験となるはんますおですが、私の勉強法で「FP1級実技試験」が一発合格できるか実証実験したいと思います。

まとまった勉強時間が取れない人(子育てしながらフルタイムで働いている人は特に)はぜひご参考に!

 

日本FP協会主催「FP1級実技試験」は繰り返しの過去問演習が合格への近道!

FP1級の勉強に限らずですが、資格試験に合格する王道の勉強方法は「過去問や予想問題をしっかり理解する」、これに尽きます。

したがって、テキスト(教科書)を何度も繰り返し読むより、問題集に載っている問題を何度も解きながら試験のポイントを抑えていくことが合格のカギ。

日本FP協会が実施する「FP1級実技試験」も例に漏れず。

過去に出題した過去問(直近3回分)を見る限り、「過去問演習のやりこみ具合がそのまま得点につながる」印象です。

ということは、「精選された過去問題集」をしっかりやりこめば合格にグッと近づくということですね。

 

試験残り3週間までに精選過去問題集が2周終わっているのが理想

ではどの問題集を使い、どういったスケジュール感で勉強を進めていくのが良いのか。

はんますおは下記の問題集と勉強スケジュール(勉強方法)に基づき勉強中。

問題集

  • 1級FP技能検定 実技試験(資産設計提案業務)精選過去問題集 2021年版

勉強スケジュール(勉強方法)

  • 試験当日から逆算し、3週間前までに問題集を2回実施(全問通し)
  • 問題集学習は子育てや仕事に追われない時間(子供や妻が寝ている早朝、通勤電車内、職場の昼休み)に集中
  • 勉強時間は少ないときは1日あたり30分程度、多い時は3時間程度(どんなに忙しくても隙間時間を駆使しながら最低30分の学習は必ず実施)
  • 通勤電車内は○×問題や記号で答える問題演習、机に向かって勉強できるときに計算問題演習と使い分け

 

試験まで残り3週間の学習スケジュール(学習方法)

試験まで残り3週間を切ったら、とにかく1つのことに集中!(ほかの参考書や問題集に手をつけない)

自分が選んで購入した問題集を信じて突き進むべし!

勉強スケジュール(勉強方法)

  • 3回目の問題演習を行い、間違えた問題にチェック(レ)、正解できたけど理解があやふやだった問題、勘で正解した問題にチェック(△)を付ける(全問通し)
  • 4回目の問題演習では、3回目の問題演習でレや△が付いたのみを解く

自分の置かれた環境、性格に合わせた勉強方法の確立を!

私は性格上、長期間コツコツ勉強するのは無理(飽きてしまう)なので、短期(1~3か月)で一気に詰め込み、合格を狙うスタイルを取っています。

そのため、ところどころに勉強の成果が見てとれるマイルストーン(指標)を置くことで、勉強の成果を確認し、勉強のモチベーション維持に役立てています。

私の勉強方法を参考に、ブログ読者が日本FP協会が実施する「FP1級実技試験」に合格できたら、はんますおとっても嬉しいです(^^)(これではんますお自身も合格できればなお良し!)

f:id:hammasuosan:20210823100646j:plain

日本FP協会「1級FP実技試験」で発売されている数少ない問題集

 

『普通の会社員でもできる 日本版FIRE 超入門』-努力次第で40・50代で経済的自由が実現できる!?

f:id:hammasuosan:20210820122548j:plain

日本の社会制度を踏まえた初の「一般人向けFIRE入門書」

”FIRE”という言葉耳にする機会が増えてきたなと思うのは私だけ!

FIREに興味をもってブログや書籍を調べてみても、海外での事例や、高収入を得て達成した人の事例、ハイリスクハイハイリターン投資の結果達成した人の事例など、共働き子育て世代の自分としては別世界の話ばかり…。

いわゆる”中流”家庭ではFIRE(経済的自由も含む)は厳しいのかと思う中、日本の社会保障、税制度に沿い、努力によっては普通の人(高収入でも資産がない)でも努力次第でFIREを実現できると主張する本書を発見。

著者の山崎俊輔さんはファイナンシャルプランナーとして活躍されており、私も定期的に記事やコラムを読み、「なるほど」と思うことが多々あるので、安心して本書を読み進められました。

FIRE(経済的自由)の実現には「収入アップ」「支出削減」「貯蓄の有効活用」!

他の書籍やブログでも述べられていることだが、FIRE(経済的自由)の実現には、以下3つの最適化が必要。

  1. 収入(1円でも多く稼げるように転職も視野に入れつつ人的価値向上に努める)
  2. 支出(体調・精神面に支障をきたさない程度に無駄な出費を削る)
  3. 手元資産の有効活用(手元に残ったお金を貯蓄したり資産運用に回したりしお金を”殖やす”)

上記1~3を各1章ずつ割き、やってみる価値があることを説明されています。

どれか1つをやればよいのではなく、3つ並行して行うことが大事です。

はんますお家でも下記内容を本書を読み実践中です。

【収入面】

  • はんますおの年収を上げるべく来年度から新天地で働くことを検討
  • はんますおが複業ライターとして月数万円程度の稼ぎを得る
  • 妻は「時短勤務制度」「産前産後休暇」を使いながら、正社員として働く

【支出面】

  • Excelでよく買う商品の最安値一覧を作成し、常にチェック
  • はんますおは楽天モバイルを契約、インターネット代はマンションで用意されているものを使用し、通信費節約
  • 生命保険も1人あたり5,000円以下の商品を組み合わせ(夫婦2人で10,000円)

【利益面】

  • 月10万円の現金貯蓄
  • 月7万円(はんますお4.5万円、妻2.5万円)、インデックスファンドファンドに投資

「私(たち)には無理」と決めつけず本書を読めば、各家庭で少しでも経済的・精神的に豊かに暮らすためにできることがあるとわかりますよ。

f:id:hammasuosan:20210820122539j:plain

30代からでも40代からでもFIREは目指せる!

第6章に「FIREを実行する3つのパターン」が書いてあります。

  1. プチFIRE(通常の引退年齢より5年早く引退)
  2. 50歳代でのFIRE(通常の引退年齢より10~15年早く引退)
  3. 40歳代でのFIRE(通常の引退年齢より20~25年早く引退)

はんますおは現在30代半ばであり、FIREを意識し始めたのはごく最近であり、「自分のような30代半ばからではFIREは無理かな」と思っていました。

しかし、本書では「30歳代からでも問題ない」としています。

まずは確実なプチFIREのための資金確保を行い、そこからさらに5年早いリタイアを行う資金確保に挑んでみてください。

出典:『普通の会社員でもできる 日本版FIRE 超入門』-P350

自分の「無理」を吹き飛ばしてくれる一言。

仮に上記の通りに資金確保が進み、55歳でFIREを達成できれば、平均寿命近くまで生きると仮定すると、約30年自由時間が取れます。

妻と「子供をしっかり育て自立させてから、夫婦ともども元気なうちにフィンランドにオーロラを観に行こう」と約束しているため、55歳なら約束を守れそうです!

本書には「40歳代からでもプチFIREは十分実現可能」とあります。

FIREを目指す前段階でどれだけ資産(現金・株式など)があるかにより当然異なりますが、限りなく資産0でも努力すればFIREはいずれかの形で実現できそうです。 

今記事のまとめ

  • 収入を増やし、支出を減らすことで、現金や資産運用に回すお金を1円でも多く蓄える
  • FIREを目指したいと思ったその瞬間から即行動!(明日やろうではFIREの道が遠のく)
  • FIREをなぜ実現したいのか考えよう!(はんますおの場合、「妻とオーロラを観に行く」「妻と北欧旅行に行く」)
  • 会社員だけでなく、教職員や公務員でもFIREは実現可能

子育て共働き夫婦の資産形成法が分かる本『米国株で始める100万円からのセミリタイア投資術』のレビュー

こんにちは、はんますおです。

今回は、『米国株で始める100万円からのセミリタイア投資術』(たぱぞう著)の読書レビューです。

  • 仕事に縛られず好きなことをして自由に生きたい
  • 資産運用(特にアメリカ株への投資)を始めたい、または資産運用方法を見直したい
  • 子育てしながらでも経済的自由を達成したい

 

上記に一つでも該当する人は、読む価値ありの一冊です(ハイリスクハイリターンなやり方ではないため再現性が高い)。

 

以下に読むべき(考察すべき)ポイント、及び読書結果を踏まえたはんますお家のセミリタイアに向けた取り組みを整理します。

 

月7万円投資(利回り4.8%)を21年継続すると資産3,000万円越え

『米国株で始める100万円からのセミリタイア投資術』では、金融資産(主に現金)100万円以上からの資産形成方法が描かれています。

 

ただ、この後紹介するつみたてNISAやiDeCoを利用すれば、毎月〇万円という形で投資可能です。

今手元にある金融資産(主に現金)、及び今後手にできる金融資産(主に現金)のうちいくら投資に回すかを決め、その金額はしっかり毎月投資していくことが重要です。

 

P189ページに年間利回り4.8%(100万円投資したら48,000円お金が殖えるイメージ)で毎月一定金額を積み立て投資した結果(表)が載っています。

 

一例を取り上げると、

  • 積立月額30,000円で30年投資すると「約2,416万円」の資産
  • 積立月額50,000円で30年投資すると「約2,016万円」の資産
  • 積立月額70,000円で30年投資すると「約5,637万円」の資産
『米国株で始める100万円からのセミリタイア投資術』(P189)より一部データを改変し利用

 

なお、毎月★円ずつ投資し、利回り〇%で運用すると、◆年後にはいくらになるかは下記サイトで簡単に計算できるのでぜひお試しを!(はんますおもよく利用し資産形成に励んでいます)

www.fsa.go.jp

 

上記サイトを利用し、下記画像のように計算するとタイトルにもある通り、21年後に資産が3,000万円を突破します。

f:id:hammasuosan:20210816100914p:plain

毎月7万円投資(年利回り4.8%)を21年続けると金融資産3,000万円越え!

 

つみたてNISAとiDeCoを利用し米国株インデックスファンドに集中投資!

本書によると、資産1,000万円までは「米国株100%が効率的」とのこと。

 

なぜそう主張するのかは本書を読んでいただくとして、私もしばらくはアメリカが世界経済の中心であると考えるため、たぱぞう氏の主張には賛成です。

 

アメリカ株投資の方法はいくつもありますが、たぱぞう氏の主張や、私がよく見るはちどう氏のブログ(https://america-kabu.com/)を参考に、はんますお家の投資内容を整理してみました。

 

【はんますお】

  1. iDeCoを利用し、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」に12,000円投資
  2. つみたてNISAを利用し、「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」に33,333円投資
  3. お金に余裕があれば、米国全体に投資する「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF (VTI)」、米国高配当株に重点投資する「バンガード・米国高配当株式ETF 」、クラウドバンクを利用した不動産融資

 

【はんますお妻】

  1. つみたてNISAを利用し、「SBI・V・S&Pインデックス・ファンド」に15,000円投資
  2. つみたてNISAを利用し、「SBI・全世界株式インデックス・ファンド」に10,000円投資

 

はんますおは私立学校教員のため、iDeCo利用上限枠である12,000円/月と、つみたてNISA上限額である33,333円/月(年間40万円投資可能)をフルに利用し投資しています。

 

一方、妻の方もつみたてNISAを利用し投資しています。

今後収入が増え、子供が大きくなり将来の支出状況にめどが立てば、妻のつみたてNISA枠残り10万円も投資に回したいなと考えています。

 

『米国株で始める100万円からのセミリタイア投資術』を読み、はんますお家は上記の方法で資産運用に当面励んでみようと思います。

たぱそうさん、素晴らしい書籍ありがとうございました!!!

f:id:hammasuosan:20210816105522j:plain

子育て共働き夫婦の資産運用の参考となる1冊『米国株で始める100万円からのセミリタイア投資術』

 

2021年8月の投資(配当金)実績をブログで公開(2021年8月版)

私立学校教員、個人投資家(2級FP技能士)のはんますおです。

 

早速、定例の配当金実績を公開します。コツコツ投資の参考になれば嬉しいです。

 

2021年7月上旬の配当金実績

投資名

配当金

バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)

$0→0円(1ドル110円で計算)

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)

$0→0円(1ドル110円で計算)

クラウドバンク融資

524円

 

バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)や、バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)は3か月に1度、配当金をゲットできるため、今月は配当なし。

次回の配当は9月予定です。

 

クラウドバンク(

https://crowdbank.jp/)を利用した融資は、税引き後524円に配当。

税引き前は税引き前651円の配当となっており、源泉徴収税(=所得税)は127円でした。

 

なお、源泉徴収税に関しては、クラウドバンクによる所得(配当金)が20万円以下であれば確定申告すれば戻ってきます。

ただし住民税は支払う必要があります。

 

まずは配当金で毎月1,000円入ってくることを目標に投資していきます。

 

配当金は自分にとって心のオアシス。

配当金で少しでも生活にゆとりが出れば良いなと考えています!

 

配当利回り状況:2021年8月9日現在

投資名

配当・融資利回り

バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)

2.76%

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)

1.22%

クラウドバンク融資

4.87%

 

2021年8月9日現在の配当・融資利回りです。

 

上記の投資は、インカム(配当金)を得つつ、まとまった資金が必要になった際、キャピタル(値上がり益)を得る戦略で行っています。

 

今はまとまった金額を必要としていないので、8月以降も、定期的に余剰資金を投資し、インカムとキャピタルの額アップを狙っていきます。

 

コツコツ投資なら凡人でも再現可能です。

これからも一喜一憂せず、淡々と投資し、資産形成に励みたいと思います。

 

会社員はもちろん、教職員や公務員の人にぜひチャレンジしていただきたい!

 

私の体験を通じ、読者の資産が増え、「好きなヒト・コト・モノ」に囲まれた生活を実現していただけたら嬉しい限りです。

f:id:hammasuosan:20210731104155j:plain

配当金を利用したセミリタイア生活に向けコツコツ投資中!

 

教員(会社員)&個人投資家目線で選ぶビジネス雑誌おすすめ(2021年8月2日~15日)

ビジネス雑誌4つ(日経ビジネス、週刊東洋経済、週刊ダイヤモンド、週刊エコノミスト)の中のベスト1

週刊エコノミスト(2021年8月10日、8月17日合併号)

f:id:hammasuosan:20210805122133j:plain

2021年8月1週、2週に発売されるビジネス雑誌ではんますお的No.1の一冊

特集が「世界経済&マーケット総予測」とあり、2021年下期(7~12月)の国内外の経済がどう動きそうか、概略をつかむことができる内容です(内容が当たるかどうかはわかりません、あくまで予測ですからね)。

 

ビジネス雑誌から、国内外の経済(各企業のビジネスより日本やアメリカ、中国、ヨーロッパといった広い概念からの経済動向)状況を学びたいと思っている私にとって、一番勉強になった雑誌が週刊エコノミストでした。

 

特にP34~P37にかけて書かれた「米国経済」「米国株」の情報は、米国ETFに資金を投入している私は非常に気になる内容。

 

少し著者たちは楽観的かなと思う部分はあるものの、

ダウ平均3万7,000円を目指す

との見出しは、勇気をもらえました(日本時間2021年8月5日の12:00時点のNYダウは34,792.67ドルであり、年末にかけ6%以上の株価上昇の見込みがあるため)。 

 

私個人としては、

  • 教員として学生に国内外の経済状況を伝える材料をゲットする目的
  • 個人投資家として下期どのように投資していこうか考える視点を増やす

双方の目的を達成できる内容であり、購入した価値はあったかなと思えています。

 

ミクロな視点ではなく、マクロな視点で経済(一部政治)状況を把握したい人にはオススメの一冊です!!!

 

こんな人に読んでもらいたい!

  • 20~30代の会社員、教職員、個人投資家(少しでも【経済(ビジネス)】に興味のある人)
  • 平社員~課長として、自分の仕事の足しになる情報がほしいなと思っている人
  • マクロ経済(少しだけ政治)の勉強をしたい人

 

ブログ読者の仕事、投資、家計に役立てばうれしい限りです。

 

※紹介した『週刊エコノミスト』(2021年8月10日、8月17日合併号)の目次は下記からご参照ください。

weekly-economist.mainichi.jp